見える化 可視化

会社で使えるノウハウ

【 見える化 とは?】 可視化 との違いを把握して業績UPに繋げよう!

見える化 = 可視化 は間違い?
2つの違いを把握して、
組織の業績UPに繋げましょう。

可視化 とは?

まずは可視化について、
可視化の本来の意味は

「目に見えないものを、見えるようにする」という意味です。

参照:https://ja.wikipedia.org/wiki/
可視化(Wikipedia)

ビジネスの現場における「可視化」は
別の意味で使われることが多いです。

ビジネスでの可視化は、
売上金額や社員の実績を数値化し、
データをまとめることを「可視化」
と呼んでいます。

可視化されたエクセル

例:売上数字が「可視化」されたエクセル

可視化されたデータは、
パソコンやシステムを開かなければ見ることができません。

集計したデータを眺めて満足。という方は
「可視化」で十分です。

集計したデータをもとに、
現場の数字意識向上や
業績UPに繋げたいという方は
「見える化」をしましょう。

見える化 とは?

見える化について、
見える化とは、1998年にトヨタ自動車が
発表した「生産保全活動の実態の見える化」という論文で登場した言葉です。

可視化と同じ意味で解釈されがちですが、
実は違う意味の言葉です。

「可視化」
見ようと思えば、見ることが出来る状況

「見える化」
可視化したデータを伝えるべき人に伝えて、改善を促すことが出来る仕組み

「見える化」は、
いつでもデータ確認ができる環境構築で、
改善するキッカケを与え続けることを目的としています。

社員の数字意識向上や
業績UPに繋げたいと考えている方は
「見える化」が大切です。

見える化 事例

例:売上数字を「見える化」したTVモニター

パソコンやシステムを開かず、
自分の意思とは関係なし、物理的に目に入る環境を整えていきましょう。

見える化 業績UPに繋がるポイント

ここまで「可視化」と「見える化」の
違いを説明してきました。

ここからは実際に「見える化」する際に
大切なポイントを3つご紹介します。

ポイント① 重要なKPIを 見える化

1つ目のポイントは
見える化する情報を絞ることです。

悪い例は
管理者が管理したい項目を
とにかく多く張り出して、
現場に何も伝わってない状況です。

見える化

× 情報が多すぎると何も伝わらない

契約社数を伸ばしたければ
契約社数のデータ等、
KPIを絞ってシンプルに見える化しましょう。

参照:https://www.kaonavi.jp/
KPIとは?(カオナビ)

サイネージ

◎ 契約社数をシンプルに見える化

ポイント② 体裁を整えて 見える化

2つ目のポイントは、
パッと見て伝わるように体裁を整えることです。

KPIを絞ったエクセルを
印刷して張り出すだけでは、
数字意識の高い人の目にしか留まりません。

見える化

×エクセルを印刷しただけの見える化

上の画像のように
文字が小さすぎるのも悪い例です。

どこにいても
データが確認できる状態にするために、
大きく分かりやすい体裁に整えて
見える化してあげましょう。

見える化 可視化 違い

◎目標達成者がすぐに分かる見える化

実際に見やすいグラフを作成して、
業績UPを達成した効果事例は
下記、記事をご参照ください。

参照:https://topsales.jp/spblog/
業績UP効果事例(トップセールスブログ)

ポイント③ リアルタイムに 見える化

3つ目のポイントは、
見える化する情報を常に最新情報にしておくことです。

いつまでも古い情報が残っていると、
注目度が下がってしまします。

リアルタイムに最新情報を見える化することが大切です。

一例として、
情報更新をした時に、
モニターから音ありが流れる等、
現場の社員が注目するタイミングを
意図的に作り出してあげましょう。

見える化 通知

◎リアルタイムな契約速報を音ありで通知

まとめ

本記事では、
「 見える化 」と「 可視化 」の違いと
「業績UPに繋がる見える化のポイント」
をご紹介してきました。

3つのポイント
①重要なKPIを見える化
②体裁を整えて見える化
③リアルタイムに見える化

上記を手動で行うのは、
手間がかかるという方には
セールスパフォーマーという
見える化ツールがおすすめです。

【参考動画】
セールスパフォーマーとは (1分50秒)

導入実績1,300社超え
セールスパフォーマーは
月額 12,500円~ ご利用いただけます。

効果的な「見える化」を仕組み化したい、
社員の数字意識を更に上げたい、
まずは資料を見てみたいという方は、
下記、お気軽にダウンロードください。

資料をダウンロード(無料)

 

STBとは【セットトップボックス STB とは ?】サイネージを低価格で利用できる方法前のページ

人気の記事

  1. STBとは
  2. デジタルサイネージ 自作 men
  3. デジタルサイネージ仕組み
  1. デジタルサイネージ仕組み

    会社で使えるノウハウ

    【 デジタルサイネージ 仕組み 】誰でもわかる!デジタルサイネージとは?
  2. 会社で使えるノウハウ

    テレアポ で良いテンションを維持する方法
  3. 会社で使えるノウハウ

    【 見やすい 売上グラフ 】 エクセル では誰も見ない?売上げアップに直結する3…
  4. デジタルサイネージ 自作 men

    会社で使えるノウハウ

    【 デジタルサイネージ 自作 】初心者でも簡単!コンテンツ作成のポイント
  5. DX化

    会社で使えるノウハウ

    【導入実績1,300社超え!】 営業 DX 「3つのポイント」で業績アップと働き…
PAGE TOP