デジタルサイネージ仕組み

会社で使えるノウハウ

【 デジタルサイネージ 仕組み 】誰でもわかる!デジタルサイネージとは?

デジタルサイネージ 仕組み ということで、
本記事ではデジタルサイネージについて、
分かりやすく紹介していきます。

デジタルサイネージ とは

デジタルサイネージとは、
「電子看板」を意味した言葉で、
昔ながらの看板やポスターを
デジタル化したものです。

参照:https://it-trend.jp/
ITトレンド「デジタルサイネージとは」

最近で店頭や交通機関だけでなく、
会社や工場内でもデジタルサイネージを
見かけるようになりました。

デジタルサイネージ 仕組み

例:会社内にデジタルサイネージを設置

デジタルサイネージの市場規模は
2020年から年々増加
しており、
オフィス用のサイネージシステム を
導入する会社も増えています。

社員に向けた情報発信や共有のやり方も
アナログ→デジタルへ進化してきました。

デジタルサイネージ市場調査

【市場規模】2025年に1083億円と予測

参照:https://cartaholdings.co.jp/
CARTA HOLDINGS 調査

今後、更に導入する企業が増加していく、
デジタルサイネージの仕組みや種類を
分かりやすくご紹介していきます。

デジタルサイネージ 種類

デジタルサイネージの仕組みには
大きく分けて2種類の仕組みがあります。

digital-signage

どちらの仕組みも、
ディスプレイに情報を映し出し、
手軽に情報を共有することが出来ます。

そしてデジタルサイネージを
効率的に運用するためには、
共有したい内容に合わせて
2つの仕組みを使い分けていきましょう。

デジタルサイネージ 仕組み ①

【クラウド型】
まず1つ目は、クラウド型。
インターネットのクラウド上に
データをアップロードし、
各モニターに表示させる仕組みです。

デジタルサイネージ 仕組み

【クラウド型】デジタルサイネージ 仕組み

どこにいてもパソコンや
タブレットから情報共有が出来るので、
表示内容を簡単に変更できたり、
移動の手間も省くことが出来るメリットがあります。

複数拠点のある会社や店舗等、
遠隔地のデジタルサイネージでも
情報をリアルタイムに配信できます。

運用に関しては、
インターネット環境あることが必須条件となります。

・拠点やモニターが複数ある
・情報更新の物理的な手間を減らしたい
・リアルタイムに情報更新をしたい

上記が当てはまる場合には、
【クラウド型】の
デジタルサイネージの仕組みを
活用するのが良いです。

クラウド型のデジタルサイネージなら、
国内導入事例 1,300社超え
【セールスパフォーマー】
検討してみてはいかがでしょうか。

デジタルサイネージ セールスパフォーマー

まずは資料を見てみたい、
初期費用や詳しい料金が知りたい等、
下記、お気軽に資料ダウンロードください。

デジタルサイネージ 事例

既に、全国 50,000名 以上でご利用中!

資料をダウンロード(無料)

デジタルサイネージ 仕組み ②

【スタンドアロン型】

2つ目は、スタンドアロン型。
USBやSDカードに表示させたい画像や
動画データを取り込み、
モニターに接続することで
情報を表示させる仕組みです。

データメモリのみで運用できるため、
運用コストも比較的安価です。

ただ、USBやSDカードの
データを変更する際には、
物理的な作業と各モニターごとに管理する人員が必要となります。

リアルタイムに情報を更新したり、
頻繁に情報更新が必要、
という運用には適していません。

・更新の必要がない情報を流したい
・インターネット環境が無い
・各モニターを管理する余剰人員がいる

上記が当てはまる場合には
【スタンドアロン型】の
デジタルサイネージの仕組みを活用するのが良いです。

デジタルサイネージ 必要なもの

デジタルサイネージの仕組みを
大きく分けて2種類ご紹介しました。

これから
デジタルサイネージを運用するにあたり、
必要になってくるものが3つあります。

デジタルサイネージ 価格

①ディスプレイ(HDMI入力可能)
②STB、小型PC
③コンテンツ作成費

それぞれの価格は下記事を参照ください。

参照:https://topsales.jp/spblog/
デジタルサイネージ 価格

まとめ

これまでデジタルサイネージの仕組みを
ご紹介してきました。

それぞれの仕組みを理解した上で、
メリットや用途に合わせて
デジタルサイネージを運用することが大切です。

【クラウド型が向いてる方】
・複数拠点やモニターを複数設置したい
・情報更新の物理的な手間を減らしたい
・リアルタイムに情報更新をしたい

【スタンドアロン型が向いてる方】
・更新の必要がない情報を流したい
・インターネット環境が無い
・各モニターを管理する余剰人員がいる

クラウド型のデジタルサイネージで
1,300社以上の導入実績を誇る
セールスパフォーマーは、
月額12,500円~ ご利用いただけます。

【参考動画】
セールスパフォーマーとは (1分50秒)

同業他社の効果事例を見てみたい、
まずは資料だけでもという方も、
お気軽に下記ダウンロードください。

資料をダウンロード(無料)

 

【 営業 モチベーションアップ 】4,800名以上が効果を実感! 3つのキーワード前のページ

【 デジタルサイネージ 自作 】初心者でも簡単!コンテンツ作成のポイント次のページデジタルサイネージ 自作 men

人気の記事

  1. STBとは
  2. デジタルサイネージ 自作 men
  3. デジタルサイネージ仕組み
  1. トップ営業インタビュー

    求人広告TOP女性営業の営業のコツ
  2. 予実管理アイキャッチ画像

    会社で使えるノウハウ

    【 予実管理 ツール 】業績アップに直結する3つのポイント
  3. 営業成績 見える化

    会社で使えるノウハウ

    【特許取得】 営業成績 見える化 セールスパフォーマーで自動巻き!?
  4. 営業日報アイキャッチ

    会社で使えるノウハウ

    【 営業日報 テンプレートあり 】 アプリで仕組み化すれば業績UPに繋がる!
  5. デジタルサイネージ 自作 men

    会社で使えるノウハウ

    【 デジタルサイネージ 自作 】初心者でも簡単!コンテンツ作成のポイント
PAGE TOP