デジタルサイネージ 自作 men

会社で使えるノウハウ

【 デジタルサイネージ 自作 】初心者でも簡単!コンテンツ作成のポイント

デジタルサイネージ 自作 していく中で、
このような悩みの方はいませんか。

管理職
管理職

掲示物を更新したけど、
全員が見ているか分からない。

 

会社にTVモニターがあるけど、
他の会社は何を映し出してるのだろう。。

 

手間なく、効果的な
デジタルサイネージ運用を行っていきたい!

本記事では、
デジタルサイネージ 自作 する上で、
おすすめのコンテンツや効果的に
運用していくポイントをご紹介します。

デジタルサイネージ とは

デジタルサイネージとは、
共有したい情報を画像や動画にして、
TVモニターに表示したものです。

参照:https://it-trend.jp/
ITトレンド デジタルサイネージとは

簡単に言うと、
従来の紙媒体(張り紙やポスター等)を、
デジタルに置き換えたイメージです。

最近では、
デジタルサイネージを
社内で活用する企業も増えています。

デジタルサイネージ 自作

会社にモニターを設置して情報共有

共有する情報は
業務の連絡事項や売上グラフ、
新入社員紹介など様々です。

デジタルサイネージ 種類

デジタルサイネージの種類には、
大きく分けて2つの種類があります。

スタンドアロン型
クラウド型 です。

digital-signage

2つの種類には、それぞれ
メリット、デメリットがあります。
詳しくは下記、記事をご参照ください。

参照:https://topsales.jp/
誰でもわかる!デジタルサイネージとは?

デジタルサイネージ 自作

それでは早速、
デジタルサイネージを自作するために
必要なモノからご紹介していきます。

※本記事では、
クラウド型のデジタルサイネージを
ご紹介していきます。

デジタルサイネージを自作する人

自作に必要なモノ

まずは、
デジタルサイネージを自作するために
必要なモノが3つあります。

①モニター、ディスプレイ
②小型PC
③表示コンテンツ

自作したデジタルサイネージ

用途に合わせて、
購入する機器のスペックを決めましょう。

それぞれの価格は
下記、記事をご参照ください。

参照:https://topsales.jp/
デジタルサイネージ 価格

デジタルサイネージ 自作 コンテンツ例

自作する画像コンテンツは、
目的や伝えたいことを明確にして制作しましょう。

音が出るデジタルサイネージ

コンテンツ例:リアルタイムな受注速報

また、画像だけでなく、
音や映像を加えると、
更に伝わりやすくなります。

自作① 社内連絡事項

本社からのお知らせ事項や
提出物期限等の情報共有が可能です。

メールやビジネスチャットでの
情報共有だけではなく、
デジタルサイネージを駆使することで、
ダブルチェックの機会をつくります。

デジタルサイネージ 自作1

活用例:社内のお知らせを画像で共有

自作② 売上の進捗管理

営業ランキングや達成率を
リアルタイムに表示すると
営業マンの数字意識の向上に繋がります。

デジタルサイネージ グラフ

活用例:シンプルな営業グラフ

内容は細かくし過ぎずに、
パッと見て把握できるグラフや
シンプルな数字を表示しましょう。

デジタルサイネージ 社内

活用例:シンプルな数字を表示

自作③ 社内ニュース

社内報で共有するような、
社員に起きた嬉しい出来事等を、
社内ニュースとして表示します。

デジタルサイネージ 自作2

活用例:社員の誕生日を祝福

新入社員紹介や社員の誕生日など、
良いニュースを文字だけでなく画像にし、
注目感を高めてあげましょう。

デジタルサイネージ 自作3

コンテンツ例:新入社員紹介で歓迎

ちょっとしたコミニュケーションの
キッカケにも繋がります。

自作するポイント

デジタルサイネージを
効果的に運用するために大切なポイントがあります。

自作するコンテンツは、
リアルタイムに情報更新 を行いましょう。

古い情報が載ったままで
更新頻度が少ないデジタルサイネージは
注目度が低くなってしまいます。

デジタルサイネージ 自作 コンテンツ

古い情報より、最新情報の方が
社員のモチベーションアップにも繋がります。

デジタルサイネージの効果を
更に高めるためには、
コンテンツ作成の手間を惜しまず、
リアルタイム更新を心掛けましょう。

デジタルサイネージ 自作 するのは大変?

デジタルサイネージを自作する際、
日々の業務にプラスして、
情報のリアルタイム更新を行なうのは
大変と感じる方もいるかと思います。

デジタルサイネージ 自作する人

そんな方は、
デジタルサイネージシステムを
検討してみてはいかがでしょうか。

デジタルサイネージ 事例

セールスパフォーマーはコンテンツ作成費用無料

お薦めは セールスパフォーマー という
クラウド型のサイネージシステムです。

セールスパフォーマーは
導入実績 1,300 社以上で、
導入後のサポート体制も万全です。

専任の担当が付き、
コンテンツ作成も無料対応
しています。

料金(台数無制限)
12,500円~/月
コンテンツ作成費用
無料
運営会社
株式会社セブンティーン
https://topsales.jp/

【参考動画】
セールスパフォーマーとは (1分50秒)

まずは資料を見てみたい、
詳しい料金が知りたいなども、
下記、お気軽に資料ダウンロードください。

《 かんたん入力、1分で完了!!》
資料をダウンロード(無料)

デジタルサイネージ仕組み【 デジタルサイネージ 仕組み 】誰でもわかる!デジタルサイネージとは?前のページ

【セットトップボックス STB とは ?】サイネージを低価格で利用できる方法次のページSTBとは

人気の記事

  1. STBとは
  2. デジタルサイネージ 自作 men
  3. デジタルサイネージ仕組み
  1. デジタルサイネージ 自作 men

    会社で使えるノウハウ

    【 デジタルサイネージ 自作 】初心者でも簡単!コンテンツ作成のポイント
  2. 会社で使えるノウハウ

    【 見やすい 売上グラフ 】 エクセル では誰も見ない?売上げアップに直結する3…
  3. 会社で使えるノウハウ

    テレアポ で良いテンションを維持する方法
  4. 社内掲示板 作り方 アイキャッチ

    会社で使えるノウハウ

    【厳選!2022年】 社内掲示板 作り方 おすすめツール5選(クラウド)
  5. 営業成績 見える化

    会社で使えるノウハウ

    【特許取得】 営業成績 見える化 セールスパフォーマーで自動巻き!?
PAGE TOP