会社で使えるノウハウ

【 売上報告 】業績が上がる3つのポイントを抑えたメールやシステムをご紹介!

売上報告 について、
このような悩みの方はいませんか。

管理職
管理職

もっと効率よく、リアルタイムに
売上報告できないかな。

 

他社は売上報告をどのように行っているのだろうか。。

 

売上報告を効果的な仕組みにして、
会社の業績アップに繋げたい!!

 

本記事では、
業績アップに繋がる売上報告を
3つのポイントに絞ってご紹介します。

売上報告 の目的

売上報告の目的は、
日々の営業活動の成果や
目標達成に向けた進捗を
常に把握できるようにすることです。

全員が会社の売上状況を把握し、
迅速かつ適切な判断ができる状態は、
企業の継続的な成長において重要です。

売上報告

報告する情報は、
売上や粗利、アポイント件数等、
その会社で設定しているKPIを報告します。

参照:野村総研
KPI(重要業績評価指標)とは
https://www.nri.com/jp/

売上報告 の方法

売上報告には大きく3つの方法があります。

それぞれの方法にはメリット、デメリットがあるので紹介していきます。

①電話、メール

これまで多くの企業では日報として、
電話やメールでその日の 売上報告 を行っていました。

参照:営業日報の書き方(メール)
https://topsales.jp/spblog/

最近では契約を取ったタイミングで、
上司に電話やSNSでリアルタイムに
売上報告を行う企業も増えてきました。

リアルタイムな売上報告はモチベーションアップに繋がる

売上報告をリアルタイムに行うことで、
営業メンバーのモチベーション向上に繋がります。

また、管理側もリアルタイムに売上が把握出来ることで、
目標達成に向けて迅速かつ正確な対応ができます。

◎メリット
・外出先からでもスマホで手軽に、リアルタイムに行うことが出来る

▲デメリット
・データは残らないので、別途Excelやシステムでの集計作業が必要

②Excel、スプレッドシート

この方法も日報のように、
一日の終わりに売上や営業成績を
Excelに入力をするのが一般的です。

Excel関数を用いれば、
日々、営業成績を入力だけで
目標進捗や累計値を算出することも可能です。

Excelで売上報告

例:Excel関数を用いた売上報告

その他にもグラフを自動生成したり、
様々な数字の分析を手軽に行えることで、
多くの企業で、最初に採用される方法です。

◎メリット
・無料で始めることができ、簡単に入力することが出来る

▲デメリット
・入力が単調になり業務負担を感じてしまう。
業務として後回しにされがちで、入力漏れが多い

③SFA等の営業支援システム

SFA等の営業支援システムを活用して、
「営業の見える化」をしながら、
売上報告を同時に行う方法です。

営業支援システムはExcelに比べて、
多くの機能や分析レポートが備わっています。

リアルタイム共有

営業支援システムは「見に行けば、見ることが出来る」

売上報告以外にも、行動管理や案件管理等
多くの情報を入力することで、
リアルタイムに営業活動全体の可視化ができます。

◎メリット
・日々の営業数字を入力するだけで、営業活動の見える化が出来る

▲デメリット
・入力が複雑でシステムを使いこなせず、宝の持ち腐れになってしまう可能性がある

ここまで紹介した
売上報告の3つの方法には
各メリット、デメリットがあります。

デメリットを踏まえ、
メリットを最大化できる
効果的な売上報告の仕組みを構築していきましょう。

効果的な売上報告 3つのポイント

私がこれまで1,300社以上の
売上報告 に携わってきた中で、
業績アップに効果的な売上報告には、
3つの共通点があることが分かりました。

①売上報告はリアルタイムに行う

まずは売上報告を
週に1回、日に1回ではなく、
なるべくリアルタイムに行うようにしましょう。

リアルタイムに売上状況を把握できれば、
各自のモチベーションアップだけでなく、
気づきのキッカケを与える事ができます。

「達成まで、あと○件だから自分の案件でなんとかしたい」
「チーム達成に○円足りていないので、この案件にアプローチしよう」等
上司が何も言わなくても自分から気づいて動くメンバーが出てきたりします。

②売上報告はできるだけ簡単にする

ポイント①を徹底するために、
売上報告は外出先でも簡単に行えるような仕組みが大切です。

パソコンを開かなくても、
スマホで手軽に入力出来る仕組みを構築しましょう。

参照:セールスパフォーマーが有ったら
【リアルタイム 売上報告 編】

資料をダウンロード(無料)

③売上報告から見える化までを自動化する

ポイント①、②を取り入れて、
外出先でリアルタイムに報告をした後、
社内に戻って、ExcelやSFAを更新して日報を提出して、、、
同じ情報を何重入力するのは大変です。

売上報告から見える化まで自動化しましょう!

必要最小限の操作でリアルタイムに、
・売上報告
・データの集計
・見える化
上記が自動化できれば、
営業活動の効率化にも繋がります。

まとめ

今回は効果的な売上報告をする際に
大切な3つのポイントを
ご紹介しました。

売上報告は
リアルタイムに行う
できるだけ簡単にする
見える化までを自動化する
この3つのポイントを抑えて、
更なる業績アップに繋げていきましょう。

アナログで仕組みを構築するのが手間だという方は
是非一度、セールスパフォーマーの
無料デモをお試しください。

【導入事例1,300社超え!セールスパフォーマーとは?】
https://topsales.jp/product

売上報告

導入実績1,300社超え!売上報告ツール

月額12,500~と格安で
上記3つのポイントを抑えた
効果的な売上報告の仕組み化が可能です。

まずは資料を見てみたい、
詳しい料金が知りたいなども、
下記、お気軽に資料ダウンロードください。

《 かんたん入力、1分で完了!!》
資料をダウンロード(無料)

 

【 見やすい 売上グラフ 】 エクセル では誰も見ない?売上げアップに直結する3つのポイント前のページ

【 営業 モチベーションアップ 】4,800名以上が効果を実感! 3つのキーワード次のページ

人気の記事

  1. STBとは
  2. デジタルサイネージ 自作 men
  3. デジタルサイネージ仕組み
  1. 社内掲示板 作り方 アイキャッチ

    会社で使えるノウハウ

    【厳選!2022年】 社内掲示板 作り方 おすすめツール5選(クラウド)
  2. 営業成績 見える化

    会社で使えるノウハウ

    【特許取得】 営業成績 見える化 セールスパフォーマーで自動巻き!?
  3. 会社で使えるノウハウ

    テレアポ で良いテンションを維持する方法
  4. 通信トップ営業マンの営業のコツ

    トップ営業インタビュー

    光通信トップ営業マンの営業のコツ
  5. DX化

    会社で使えるノウハウ

    【導入実績1,300社超え!】 営業 DX 「3つのポイント」で業績アップと働き…
PAGE TOP