No1営業力

営業本から学んでみる

【おすすめ営業本】No.1営業力

『No.1営業力』 西田文郎 (著)が良かった。

間違いなく3年でトップセールスになれる方法!

それが本書のテーマになっています。

お客様の意志決定に関して、一番重要なのは感情へのアプローチである

普通の営業マンは営業トークを磨き、理屈で説得しようとします。
でもそれでは売れません。

相手から買ってもらうには「理屈」ではなく「感情」の方が重要です。
まず、ここに気付くことが大切です。

あなたの会社にもこんなセリフを言われる人いませんか?

「あの人もったいない」
「あの人と話すとなんか疲れる」
「あの人は言葉では良いこと言ってるけど言い方が・・・」

理屈と感情の差を分からない人は、見事にこう言われてしまいます。

この本は脳科学の観点から営業を科学し、相手の感情を快にする方法が書かれています。

もしあなたが営業は「理屈」よりも「感情」が大事。と分かっていなかったり、相手の感情を「快」の状態に導けてないと感じる場合は一読をお勧めします。

本文から気づきの1文を記載。

【気づきの1文】

  • 売ろうとしないのに売れてしまう。それが本当のトップセールス
  • 営業の極意1「売ろうとしないこと」=営業マンであることをお客さまに忘れさせよ
  • 営業の極意2「喜んでいただくこと」=お客さまの脳を「快」にすることを目的にせよ
  • プロの営業マンは24時間仕事のことを考えている、結果に差が出て当然
  • 結果を変えたいなら、行動を変えること
  • プロの営業マンのイメージ力はハンパない
  • 自分は、いくらでも売れる営業マンであるという自己イメージが大切
  • 異性に好かれるかどうかも、自己イメージできまる
  • あえて最も難しいものにチャレンジする
  • プロの営業マンはノルマの2~3倍を目標にする
  • 「絶対売れる」というメンタルリハーサルで心をつくる
  • セールスマンはカウンセラーでもある
  • 話をすることで、ヒトの脳は「快」になる
  • 商品に惚れ込むことが最大の説得力になる
  • 主役はお客さまではなく営業マン
  • トップセールスの営業にはストーリーが仕組んである
  • 使命感を持つとあなたに大きな魅力が生まれる
  • 相手を商売の相手(駆け引き相手)と考えるのではなく、無条件の愛をもって喜ばそうとすること
  • 営業の本質は、人とのつながりである

_________________
『No.1営業力』 西田文郎 (著)
_________________

★ 目次 ★

第1章  お客さまの脳の動き方(どういうときに、彼らは財布を開くのか)
第2章 トップセールスの脳の使い方(なぜ彼らは、不況でも売り続けられるのか)
第3章 トップセールスが実践する5つのプロセス(何をすれば、あなたはスキルアップできるのか)
第4章 お客さまの心を操るセールステクニック(どうすれば、あなたは買ってもらえるのか)
第5章 お客さまを虜にする魅力のつくり方(どうすれば、あなたは信頼されるのか)
終章 出会いを感動に変える天使の営業マン(なぜ彼らのまわりには、人が集まるのか)

  1. 営業のコツが知りたい

    入社1年で営業の仕事を辞めたいと思った時に
  2. 営業のコツが知りたい

    営業で成果を出す人に共通する時間管理法
  3. 営業のコツが知りたい

    自分が動く動機、お金以外の営業モチベーションを考えよう
  4. トップ営業インタビュー

    不動産賃貸トップ営業マンの営業のコツ
  5. 営業のコツが知りたい

    【保存版】営業を必ず成功させる1つの考え方
PAGE TOP