営業のコツが知りたい

営業職として一生、食べていけるレベルまで到達しよう!

前回のブログでは【量が質を生む】ことについて書き、「質=再現性」だとお伝えしました。

これを見た人から今度はこんな質問を受けました。
「量をこなした後はどうすればいいんですか?」

今回は量をこなした人が次に行くステージ【質を高める】についてです。

営業の質を高めるには?

〇他人と違う経験
☓他人と同じ経験

営業の質を高めるには、あなたが他人と違う経験をする必要があります。

  • 誰も受けたことがないサービスをうける
  • 誰も行ったことがないような場所へ行く
  • 誰も食べたことがないようなご飯を食べる
  • 誰も着たことがないような服を身につける
  • 誰も住んだことがないような場所に住む
  • 誰も乗ったことばないような車に乗る
  • 誰もやったことがないような遊びをする
  • 誰もやったことがないような趣味を持つ

納税額日本一の実業家、斉藤一人さんの「汗出せ、知恵出せ、それもダメなら(会社から)追い出せ」という言葉があります。

量をこなし「汗」を出した後は「知恵」を出すことが重要になってきます。
実は、知恵(アイディア)こそが営業の質を高める源泉なのです。
量は質を生みますが、同じことを繰り返しているだけでは質は高めれないのです。

そして、知恵は自分の体験からしか生まれません。
同じ業界の人や同世代と同じような経験をしていると、知恵(アイディア)も同じようなものしか生まれません。

あなたの周りで次々と知恵(アイディア)を生みだす人っていませんか?
きっと、体験に差があるはずです。

過去と同じようなインプットを辞めてみる

量をこなす時期はとにかく四六時中、営業に関することについて考えインプットしていたかと思います。
しかし、質を高めるステージの場合、今までやっていた勉強やインプットを辞めてみるのも手です。

私は1,000冊ほど本を読みセミナーCDを聞いていた時期があり、学んだことを仕事でアウトプットしながら試行錯誤していました。

しかし、ある時から思いとは裏腹に、学んだことを実行しても思うような成果が出ませんでした。
ふと立ち止まり、それからほぼ一切、本を読まなくなりました。
すると、不思議なことに成果が出始めたのです。

やってもやっても上手くいかない場合は、一度、過去と同じようなインプットは止めてみてくだだい。

新しい分野の先生から学んでみる

営業とは全く関係ない、新たな分野を学んでみることもいいです。
その際は先生選びが重要になってきます。

  1. 圧倒的な結果を出していること
  2. 再現性の高いノウハウがあること
  3. 人として尊敬できること

新しい分野を学んでみると、新たな発見や「これって営業で言えば●●と同じだな」と思えることが出てきます。
こういった経験も営業の質を高めていくうえで大切です。

どこでも一生、食べていけるレベルを目指そう

残念ながら量だけでは質を高めることはできません。
量をこなした後は質を追求しましょう。

あなたが人とは違う経験をたくさんして替えが効かないユニークな存在になれば、営業職として一生、食べていけるレベルまで到達します。
それはいつでも起業や転職が出来る状態です。

「私は営業で一生食べていける」
この『自信』が質を高めるゴールではないかと考えています。

  1. 営業のコツが知りたい

    営業なら知っておきたい営業の原理原則
  2. 凡人が最強営業マンに変わる魔法のセールストーク

    営業本から学んでみる

    【おすすめ営業本】凡人が最強営業マンに変わる魔法のセールストーク
  3. 営業のコツが知りたい

    営業マンの名刺活用法は渡し方よりタイトル
  4. 商談で残念な5パターンの営業たち

    営業のコツが知りたい

    商談で残念な5パターンの営業たち
  5. 営業のコツが知りたい

    営業として食べていけるレベルを目指そう!
PAGE TOP