営業のコツが知りたい

営業として食べていけるレベルを目指そう!

先日こういう質問を受けました。
「量が質を生むって聞いたんですけど、どこまで量をこなせばいいんですか?」

確かに、量をこなそう!という主張はよく聞きますが、その量をこなすゴールは明確ではありません。
ですので、ゴールを明確にしたいと思います。

営業初心者の人は

〇大量行動
×効率行動

先ず「営業の仕事に就いたからには早く成果を出したい!」と誰もが思っていると思います。
で、初心者でよくやりがちな間違いは最初から効率を求めることです。
もちろん無駄な行動は無くす必要がありますが、最初は頭で考えすぎずに、体を動かし、量をこなすのが正解です。

営業の世界では頭で分かっていても、実際の現場だと出来ないことが多くあります。
「分かる」と「出来る」には大きな壁があることを知ってください。実体験なくして成長はありません。

大量行動の例

▼インプット
・商品、業界知識、分からない事を結果を出している先輩に聞きまくる
・営業に関する本を月間10冊以上読む
・商談前に上司とロールプレイ

▼アウトプット
・商談後に上司と振返り
・営業日記をつける
・1日100コール、1商談こなす

とにかく、四六時中、営業に関することについて考え、インプットアウトプットの量を増やして体で覚えていきます。

ゴールは2年連続で年間の営業目標達成できるまで

冒頭であった質問、「量が質を生むって聞いたんですけど、どこまで量をこなせばいいんですか?」

ゴールの目安は「2年連続で年間の営業目標達成ができるまで」です。

1年間ならたまたま出来ただけかもしれません。
大切なことは『再現性』つまり、同じような結果を出し続けられるか?かどうかが大事です。

もし『再現性』が身につくレベルまでくれば、仮に転職したとしても、同じ業界ならどの会社でも活躍できるレベルになっています。

業界が無くならない限り、営業として食べていけるレベルを目指そう

あなたが営業職として生きて行くと決断し、入った業界なはずです。
先ずはこの「業界が無くならない限り、営業として食べていけるレベル」を目指してみてはいかがでしょうか?
このスキル・人脈があなたにとって、世界で1番安心な保険になるはずです。

とにかく、量が質を生みます。量なくして質なし!なのです。
そして「質=再現性」です。ですので、再現性を身につけるまで量をこなしていきましょう。

  1. 営業のコツが知りたい

    必ず就職できる方法
  2. トップ営業インタビュー

    不動産投資仲介トップ営業マンの営業のコツ
  3. 営業のコツが知りたい

    モチベーションが上がる!部下の苦手意識を克服する2つのステップ
  4. 営業のコツが知りたい

    営業職として一生、食べていけるレベルまで到達しよう!
  5. No1営業力

    営業本から学んでみる

    【おすすめ営業本】No.1営業力
PAGE TOP