【株式会社OWL】


株式会社OWL
代表取締役 飯場 弥生 様
shichigosan-hakama.com

「やらない理由探し」をなくす

当社では、以前に営業・経理・労務を一元管理しようと試みましたが上手く機能せず、各分野ごとに管理方法を分けていくようになりました。

とりわけ営業分野については、意識を上げてほしい人ほど現状をよく理解していなかったり、管理職クラスでも一部では進捗把握が曖昧であるという状況でした。

上からやれと言うだけでは社員は成長しませんし、今の時代にも合っていません。
やらない理由探しをなくし、適切に数字と向き合える仕組みはないかと思っていた時に見つけたのがSales Performerです。

直感的な見える化で意識底上げ

Sales Performerは、業績に関する情報をいつでもどこでも手軽に営業グラフが見られるのが良いなと思います。これまで、営業マンはExcel入力、集計は経理担当が請求データから1つ1つ手打ちしていましたが、リアルタイムでなかったですし、手間をかけてまとめたデータも全員が見ているか不透明でした。

Sales Performerを使えば、成約報告・集計・営業グラフ化が自動になり、リアルタイムに進捗が確認できます。バックヤードのモニターに最新の業績が映せるので、自然と意識できる環境も整えられます。

もちろん、結果だけでなくプロセスの評価も重要ですが、本来上げるべき数字を見ずにプロセスばかり注目するのは違うと考えます。

直感的な見える化で数字意識を底上げし、ゆくゆくは評価制度にも絡めた運用をしていきたいと思います。