【株式会社フレスコ】


株式会社フレスコ
代表取締役 阿久津 文和 様
frescohome.co.jp

「自動巻き」という
キーワードが刺さりました

Sales Performer導入を考える時に「自動巻き」というキーワードが1番刺さりました。

拠点が複数に分かれていると、お互いに日々の営業実績を共有することが難しく、特に中間層以下にいる営業マン同士の競争や、切磋琢磨という部分で課題を感じていました。

Sales Performerで半ば強制的に営業グラフをリアルタイム共有する事で、「あの人には負けない!」という競争心や自発的な考えが生まれ、営業マンを自動巻きにしてくれると確信しました。

SNS連動で進捗を気軽に確認

Sales Performerの特徴である社内サイネージはもちろんのこと、スマホですぐに情報を見られるのも魅力の一つです。

既存で活用していたLINE WORKSにてSales Performerからの通知を受け取ることができるため、会社全体・拠点ごと・個人ごとの集計値を月刊・週刊・日刊ベースで指定した時間に自動配信しています。

ポップな要素もありながら、目標に対して進捗具合を気軽に確認できるので、営業マン同士が自然に意識できますし、とても重宝しています。