株式会社武蔵野 代表取締役 小山 昇 様


株式会社武蔵野
代表取締役 小山 昇 様
musashino.co.jp

「経営の見える化」が売上UPにつながる

特に「営業業績の見える化」の有効性は以前から感じており、これまでも、紙テープを使った壁貼りグラフをパートナー会員さまに推奨してきました。

武蔵野では、経営方針、部門ごとの利益、人事評価、私のスケジュールまでもが、すべてオープンになっています。目的や成果を明確に「見える化」することで、価値観を共有することができ、不公平感がなくなり、社員のやる気も高まります。

「やる気」というより「やらざるを得ない気持ち」といったほうが正しいかもしれません。
なぜなら、人間は「面倒なことはやらない、都合の悪いことはやらない」のがまともだからです。


(オフィスの各所に大型ディスプレイを設定)

私は”人間心理を無視して経営をしてはいけない” と考えていますが「セールスパフォーマー」は最適なツールですね

社員は機械ではありませんから、サボリたくなることも、面倒になることもあります。もちろん私もです。

そこで、武蔵野では ” 面倒なことを強制的にやらせる仕組み” を作りつつ、「なぜそれをやらなければいけないのか、やらないとどうなるのか」を方針として打ち出し、経営の見える化を今日まで進めています。

セールスパフォーマーは営業業績の見える化に最適なツールですね。

Slider